【kipkip絵本紹介】 オバケのしわざ!?

kipkipで人気の絵本をピックアップしてご紹介します。

今回のご紹介は、第1弾SDカードに収録のインスタグラムやアンケートでも大人気の素直な心をはぐくむ、ユーモラス系「オバケ絵本」。

りんちゃんは おこられそうになるといつも
「オバケがやったんだよ」と いいます。
ほんとうに オバケのしわざかな……?

お話のラストは意外な展開で、恐怖とは別の意味でゾクッとするオバケ絵本となっております!

対象年齢は”2歳から”ですが、パパもママもみんなで楽しめる作品ですよ♪

オバケのしわざ
オバケのしわざ!?

著者情報 : とい よしひこ(絵と文),松本えつを(編集)

“「ぎゃくしゅう、はじめました」by.バケオ“

~ 第1回 CHICORA BOOKS キャラクター絵本出版大賞「大賞」受賞作品 ~


 STORY

りんちゃんは きょうも おかあさんに おこられてしまいました。
りゆうは いつもとおなじ……。

りんちゃんのひじに ミルクがあたって テーブルに こぼれてしまったとき
「わたしじゃないよ。オバケが たおしたんだよ。」と いったら
「いいわけなんか ききたくありません!」と ぴしゃり。

おこられた りんちゃんは おもしろくありません。

「もうっ! もし ほんとうに オバケのしわざだったら どうするのよ!」

そんなことを ひとり つぶやいていると うしろから こえがしたのです。

「りんちゃん ひどいな。オイラ なにもしていないのにな……」

りんちゃんは びっくり。

「きゃーっ!」

りんちゃんは おおきなこえを あげましたが まわりは だれも きづいていません。
どうやら りんちゃんにしか みえていないようです。

「な な な な なんのようですか?」

「りんちゃん さっき オバケのせいにしたな。
オイラ なんにも やっていないのに。
オバケが おこると たいへんだぞぅ。」

オバケが おこると たいへん!
オバケが でてきちゃっただけで りんちゃんは たいへんなのに……
そのうえ おこってしまっているなんて
りんちゃん だい・だい・だいピンチです!

さぁ このあとは どうなるのかな……



著者紹介

とい よしひこ

1981年生まれ。大阪在住。
幼少の頃から体操競技に勤しみ、インターハイや国体など全国大会に出場。
大学では体操をする傍ら、夜な夜なシャッターの降りたアーケードでギター弾きや美大生に混ざり路上アートを始める。
卒業後、印刷会社営業を経てイラストレーター・グラフィックデザイナーとして活動。
2012年より絵本制作をスタート。
2019年、『オバケのしわざ!?』が、第1回 CHICORABOOKS キャラクター絵本出版大賞で大賞を受賞し、同年絵本作家デビュー。

受賞歴
 
●2013年 第29回 ニッサン童話と絵本のグランプリ 絵本部門 / 佳作
●2015年 第68回 MOE絵本スクール / 期待賞
●2015年 第16回 ピンポイント絵本コンペ / 優秀賞
●2017年 有田川町絵本コンクール 2017 / 佳作・有田川賞
●2019年 第1回 CHICORA BOOKS キャラクター絵本出版大賞 / 大賞・入選
前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ