【kipkip絵本紹介】 くまぱん ~プレゼントになりたくて~

kipkipで人気の絵本をピックアップしてご紹介します。

今回のご紹介は、第1弾SDカードに収録の絵本「くまぱん ~プレゼントになりたくて~」

この作品には、今までほとんど語られてこなかった「プレゼント側の気持ち」が、とってもリアルで躍動感いっぱいのシーンを通して描かれています。

クリスマスには、日本でも多くの子どもたちがサンタさんからのプレゼントを楽しみにしながら眠りにつきます。
そんなふうに「子どもたちがプレゼントに会いたがっている」という光景は、もはや世間では常識になっているかもしれませんね。

プレゼントたちが子どもたちの元にたどり着くまでのいろいろなできごとや感情を知ったら、子どもたちはより一層、プレゼントに会えたしあわせを強く感じることになるのでしょう。

くまぱん
くまぱん ~プレゼントになりたくて~

著者情報 : 上田恵子


STORY

あいたいとおもっているのは きみだけじゃない!
プレゼントだってきみにあいたがっているんだよ。


~ たいせつなプレゼントを、もっともっと抱きしめたくなる ~
〜「くま」と「ぱんだ」のあいのこ「くまぱん」が体験した聖夜の大冒険〜



クリスマスプレゼントになるため、ぬいぐるみたちは、人前で動かない、しゃべらない練習をしています。
ところが、いちばん最後に作られたぬいぐるみの「くまぱん」は、その練習がとっても苦手!
それでもくまぱんは、クリスマスプレゼントになるために、サンタさんに内緒でこっそりと……!
やんちゃなくまぱんと、優しくて心配性なサンタさんと、プレゼントを信じて楽しみに待つ子どもが織りなす、心温まるクリスマスのお話です。

 



著者紹介

上田恵子(うえだ・けいこ)
1979年生まれ。東京都在住。二児の母。
子どもたちが幼い頃は、手作りの紙芝居や絵本を作り、我が子とともに楽しんだ。
その後、本格的に絵本やイラストを学ぶため、ウーマンクリエイターズカレッジへ通い、2018年3月卒業(第5期生)。
本作がデビュー作となる。
現在は絵本作家として活動しながら、フリーのイラストレーターとしても仕事をしている。
ウーマンクリエイターズバンク所属作家。
 
前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ